マシン本体のお手入れ方法

 

 

 

洗うのは「給水タンク」「カプセルホルダー」「抽出トレイ」ですが、抽出後のカプセルから垂れるのさえ気をつけていれば毎回洗う必要はないと思います。

 

あとは本体ですが、抽出トレイの置き位置やカップの大きさによってコーヒーが飛び跳ねたりするのでサッと拭いてください。

 

ドルチェグストは毎日のお手入れもほとんど無く、このお手入れの簡単さもわたしが購入を決めたひとつのうちです。

 

 

 

 

湯垢がたまったら

 

しばらくマシンを使っていると湯垢がたまる影響で抽出音が大きくなったり、抽出速度が遅くなったり、抽出されにくくなってきます。
そのような時は本体内部の湯垢洗浄をしてください。

 

ドルチェグストからは専用の湯垢洗浄剤が発売されています。

 

 

 

 

ドルチェグスト専用と言っていますが、この成分はクエン酸のみです。

 

口コミなどを見てみると、「ただのクエン酸でこの値段は高すぎる」という声が多数出ていました。

 

ですので掃除用のクエン酸ならもっと安い価格で発売されていますし、ドルチェグストだけでなく他の家電にも使えるのでこのクエン酸で十分かなぁと思います。

専用以外のクエン酸を使うことに不安や抵抗がある方は、専用洗浄剤を使ってください。

 

 

>>掃除に使えるクエン酸を楽天でチェック

 

>>掃除に使えるクエン酸をアマゾンでチェック

 

 

 

万が一壊れても安心の保証

 

マシンをすでに持っている方

 

ネスレ会員登録後、マシン本体底面プレートにある9桁のシリアルコードを入力すると
通常1年間のマシン無料修理期間が1年間プラスされて2年間無料延長保証されます。

 

マシンを持っていない方

 

マシンが無料になるカプセル定期便を申し込むと、マシン無料修理期間が最長5年まで延長されます。
また、カプセルは毎回10%OFFで購入することが出来ます。

 

 

 

 

ドルチェグストのカプセルの仕組み

カプセルには引き立てのコーヒー豆が入っているのですが、酵素を抜いて密封されています。

5段構造になっているので、光・空気・湿気をブロックします。これは特許技術を取得したもので、カップに淹れる瞬間まで参加を防ぐことができるのです。抽出時にはコーヒー豆を十分に蒸らし、最大15気圧のポンプの圧力で1杯ずつ抽出します。厚くてキメの細かいクレマは、鮮度を保った豆を高圧で抽出した証拠になります。ですので誰でもカフェの美味しいコーヒーのような味が楽しめるのです。

更新履歴