ドルチェグスト お手入れ

ドルチェグストのパーツのお手入れ方法

お手入れと言っても、よほど毎日使って洗わずに放置していたら別ですが、スポンジを使って洗剤をつけて洗うという作業は必要ないかと思
います。
「給水タンク」と「カプセルホルダー」と「抽出トレイ」の水洗いが必要になります。
給水タンクは使って余った水を捨てて水でザッと洗います。
カプセルホルダーも水でザッと洗います。
そしてカップを置く抽出トレイですが、カップを取った後に使用後のカプセルから落ちてきた雫が意外とたれて来ます。
見にくいのもあり、数日放置していたら抽出トレイが並々になってカビが生えていた…なんてことがありました。
やはり抽出トレイを洗うのはもちろんですが、抽出後のカプセルをそのままにせずにすぐにしっかりと処分することで雫がたれずに抽出トレ
イもキレイなままで使えるのではないでしょうか。
ちなみにカプセルホルダーと抽出トレイは食洗機にも対応しています。
ずぼらな私は抽出後にすぐにカプセルを捨てることによって抽出トレイはほぼ洗わずに過ごしています…。
カプセルホルダーも抽出トレイも洗わずにいると、意外と給水タンクも見落としがちになります。
水が入ったまましばらくドルチェグストを使わずに放置していると給水タンクの水が腐ってきます。
こうなると本体内部にまでカビが入ってきてしまうと勝手なイメージを抱いてしまうので、給水タンクだけは使用後にしっかりと水洗いして
乾かすことを心がけています。

マシン本体のお手入れ方法

マシン本体のお手入れ方法についてです。
本体で一番汚れるのはカップの置き場付近で、抽出トレイの置き位置やカップの大きさによってコーヒーが飛び跳ねます。
ここは黒だったり汚れが目立ちにくい色になっていると思うので意外と飛び跳ね汚れがついています。
これを布巾でふき取ってください。
そして本体のてっぺん部分もホコリやキッチンからの油汚れなどがついていたりするのでこまめに拭くことをオススメします。

内部のお手入れ方法は、専用カプセルをセットしないで水を流してあげます。
給水タンクに水を入れ、抽出トレイに大き目のカップなどをセットします。
まずはメモリを多めにセットし、水(青)の方向に倒します。
水が出てくると思うのでその水は捨ててください。
次にお湯(赤)も同様、お湯が出てきたら捨てて、これで内部の洗浄は完了になります。
使うのが久々だったり完璧に内部洗浄したい方はドルチェグスト専用の「湯垢洗浄剤」というものがありますのでそちらを使ってみてはいかがでしょうか。

 

サイトマップ